信州共生未来アイディアコンテスト2020授賞

ファブラボまでファブラボまで福祉・介護分野のイノベーションを進めていくことを目的に、工学やデザイン等の様々な分野で学ぶ学生の皆様から、各専門分野の知識を活かして福祉・介護の課題を解決する信州発の信州共生未来アイディアコンテスト2020(主催:長野県・長野県社会福祉協議会)で当研究室からは,昨年に続き2チームが授賞しました。
表彰の詳しい様子はこちらをご覧ください。
コロナのこともあり,県社会福祉協議会の担当の方がわざわざファブラボまで来ていただくと共に,ミニ表彰式を開催していただきました。関係の皆様に深く感謝です。
今年度は80チームより応募があり,当研究室からは3チーム応募。コロナ対応の中で,各自の自宅からオンラインでつないで議論したり,限られた材料で製作をするなど厳しい条件でしたが,各チームよく頑張りました。

長野県社会福祉法人経営者協議会会長賞
信州大学「We’ll チェア」
山本篤也・高柳博樹・西澤楓真・横地勇輝・小島一生・田中俊太

長野県在宅福祉機器協議会会長賞
信州大学「チーム肉塊」
小岩泰輔・中村亮健・岸田森生・高木秀斗・大沼直史・白田進

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA